不動産を現物出資

合同会社の設立時に不動産を現物出資するメリット

合同会社を設立するための法定費用は非常に安く、うまくやれば10万円未満で済ませることもできますが、会社を設立するには資本金が必要です。資本金はキャッシュで用意することが多いですが、現物出資によって資本金を増やすこともできます。たとえば不動産を持っている人なら、不動産を出資するという形で資本金を増やすことができますから、資本金となる資金がないという人には魅力的な方法だといえるでしょう。

資本金はなぜ大きいほうが良いのでしょうか。会社法が施行されて、資本金に関する規制は撤廃されました。かつては有限会社を設立する際にも、最低でも300万円の資本金は必要とされたのですが、現在のところはこの規制はありません。ですから、たとえば資本金が1万円の会社を作ることもできます。しかし、資本金は公開される情報であるということを忘れてはならないでしょう。取引先には公開される情報となりますから、あまりにも小さいと信用されず、そのために取引してもらえないこともあります。たとえば、銀行口座を開設しようと思っても、銀行から断られることもあります。一つの目安はかつての有限会社法で定められていた300万円です。許認可を得るためには事業によってもっと多くの資本金を必要とすることもあります。業種によって異なりますが、やはり資本金は大きいほうが良いです。キャッシュで資本金を用意できない場合、現物出資を利用するとよいです。現物出資を利用することによって、資本金を大きくできます。たとえば自宅で個人事業を営んでいる人の場合、自宅を現物出資することができれば、それだけでかなり資本金を大きくできるでしょう。ただし、不動産の場合には所有権が個人から合同会社へと移りますから、その際に登記の手続きなどが必要となりますし、取得税なども掛かってきますから、経費が掛かるというデメリットもあります。

このように、デメリットもありますが、合同会社を設立して本格的に事業を拡大していこうと考えた時に、資本金の大きさは重要な要素の一つだと考えられます。設立したのちに資本金を積み増していくことも可能ですが、もしもすでに不動産などの資産を持っているのであれば、設立するときにそれらを出資するのは良い方法だといえるでしょう。合同会社の資本金は信用力のバロメーターであるということを考えれば、現物出資で合同会社の資本金を増やすメリットは非常に大きいと考えられます。